診療紹介|乳腺・内分泌

乳腺

1.乳がん診断方法の充実

マンモグラフィの読影においては、スタッフ全員がマンモグラフィ検診中央精度管理委員会認定の読影医です。その他、超音波検査、3T MRI検査、CT検査、PET検査(紹介)などが可能です。異常が認められた場合は、必要に応じて、少量の細胞、組織を採取する超音波ガイド下細胞診、針生検、画像下吸引組織検査(マンモトーム、バコラ生検)などにより診断します。

2.3D CTリンフォグラフィを用いたセンチネルリンパ節生検

従来、乳癌手術では腋窩のリンパ節を全部取る手術(腋窩リンパ節廓清)が通常の方法とされていましたが、これによる術後の上肢運動障害、知覚障害などがみられました。これを防ぐため、もっとも転移しやすいと考えられるリンパ節(センチネルリンパ節)のみを摘出し、そこに転移がなければ、それ以外のリンパ節摘出をおこなわない(郭清省略)との考え方にもとづいた、手術(センチネルリンパ節生検)を行なっています。

我々は山口大学放射線科と共同開発した3D CTリンフォグラフィにて、手術前にセンチネルリンパ節をはっきりと描出することに成功しました。さらに3D CTリンフォグラフィのデータを超音波検査機器に取り込ませるRVS (Real-time Virtual Sonography)システムを用いて、センチネルリンパ節を超音波画像で術前に同定し、転移の有無を評価しています。これらの方法により、我々のセンチネルリンパ節生検での同定率(99%)、偽陰性率、術後腋窩リンパ節再発率ともに優れた成績です。最近では、乳房温存療法におけるセンチネルリンパ節微小転移(2mm以下)では腋窩廓清の省略をおこなっています。

3.世界から発信される最新乳がん情報に基づいた治療

乳がんは再発すると難治性であるため手術もさることながら、再発させないための術後治療が大変重要です。乳がんの治療に関する最新薬物治療情報は、日々、世界から発信されており、我々はそれらをよく吟味して有効とされた国際的にもコンセンサス(多くの乳がん専門家が納得すること)が得られた治療(ホルモン治療、化学療法(抗がん剤、分子標的治療)を、乳がん術後に患者さんと相談のもとに行います。化学療法、ホルモン療法、分子標的治療とも、十分な経験をもっており、ほとんどの患者さんが安全に外来通院で治療を行なっています。

たとえ、再発した場合でも、患者さんの生活の質をできる限り保った、外来通院で行える最適の薬物治療を提示します。さらに、必要に応じて、放射線治療部、ペインクリニック、整形外科、脳神経外科、皮膚科(形成グループ)、肝臓内科より最新の治療を受けることが可能です。

4.年度別手術数

手術療法に関しては、乳癌に対する乳房温存療法は腫瘍の大きさが3cm以下を適応としています。3cmをこえる方で、乳房温存を希望される場合は、術前化学療法(primary systemic chemotherapy)により大きさが縮小した場合、乳房温存療法が可能な場合があります。乳房切除の乳房再建に関しては、当大学皮膚科の形成外科グループと協力し、乳房再建(シリコンインプラント、自家組織)に保険診療で対応できます。

■年度別乳腺手術症例数

5.乳腺疾患における実績

■乳癌ステージ別生存率

甲状腺・副甲状腺

1.年度別手術数

■年度別甲状腺・副甲状腺手術症例数