新着情報

全てのお知らせ

令和2年4月1日、井岡達也先生が、大阪国際がんセンターより山口大学医学部附属病院 腫瘍センター・外来腫瘍治療部門長として、着任されました。山口県では初めての腫瘍内科医ということになります。これまでは、残念ながらこの地域には腫瘍内科という文化もなく人もおらず、各診療科がそれぞれの診療の中で化学療法を展開してきました。このことが、山口県のがん診療の長期間の停滞をもたらしてきたことは紛れもない事実です。また、医学部の学生の中には「腫瘍内科の先生がいない県では“ちゃんとした癌治療”の勉強ができないから、広島県か福岡県に行きたい!」とはっきりいうものも少なくありませんでした。ようやく癌治療の光が見えてきた、教室員一同、そんな思いであふれています。

更新日:2020.04.01

井岡DR・紹介 - コピー

 

月別アーカイブ
  • 青山会(同門会)
  • 臨床試験(がんペプチドワクチンなど)
  • 教室年報
  • 先端がん治療開発学講座
  • がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン-山口大学
  • 教室関連研究会
  • 第48回中国四国甲状腺外科研究会